今まで自分がどんなことをしてきた?

減量は、開始よりも、継続のほうが、駄目が大きいとされています。思うように減量効果が出ないと、情緒が続かなくなって、減量をやめてしまう自身もある。一から十まで自力での減量をするのではなく、減量をアフターケアをする何かがあれば美味しいという自身もある。減量のアフターケアに、進度を記録して、進み具合を可視化しておくというものがあります。今まで自分がどんなことをしてきたか、効果はどの程度現れたのかを、記帳に残しておくという素行だ。日々の減量を記録するため、停滞期に入った時にも、要因はどこにあるかを解ることが可能になります。ウエイトが思うように減少しないという時でも、精神が折れたり講じる心配もなく、減量を継続することができるわけです。また、減量仕事が毎日の定例になると、新鮮みのない仕事を積み重ねることになって、飽き易くなります。記帳を押し付けながら減量を通じていれば、毎日と違うことがあったときに気付き易くなり、調整に富んだ減量ができます。連続の講じる減量をするコツはいくつかありますが、その中に、使命を決めることがあります。記帳を書いたり、使命を決めておくため、自分のウエイトが今回、目標に向けてどの程度進んでいるのかを分かることができます。減量の進み具合を記録しておくため、情緒の保護熟練にも役立ちますし、減量方法の進歩や、観察に役立てることができます。